ねぎとろ丼

1月 4th, 2015

ねぎとろとは、寿司ネタのひとつなんだけど、マグロのペースト状に、刻んだネギを乗せて、トロとネギでねぎとろ丼が完成する!

ねぎとろは軍艦巻や、細巻きや手巻き寿司(ねぎとろ巻)、丼物(ねぎとろ丼)などのメニューがある。

元々は大型の寿司店で、賄いや隠しメニューとして供されていた。
本来のねぎとろは骨の隙間にある赤身(中落ち)や、筋の多い部位や皮の裏にある。
脂身をこそげ落としたもの(すき身)の事なので、昔は本マグロを1本丸ごと買い付けるような店でしか出ない寿司種だった。

その後、機械的に製造されたねぎとろが出回るようになった事で、回転寿司とかスーパーでも普通に売られるようになり、今では庶民的な価格の、一般的な寿司ネタとして知られているけど、そのねぎとろも、
実はマグロじゃなくて、アカマンボウとか別の魚を、ラードなどの油脂や、着色料をつけてまぐろっぽい味に近づけてるらしく。

そう考えると、巷に出回っているねぎとろはほとんど偽物なんだけど、逆に庶民は本物のねぎとろを食べられる人はほとんどいないんだと思う。

そうすると回転寿司はほとんどネタ名通りの魚じゃないのは間違いなさそうだけど、本物のねぎとろってどういう味がするんだろうか??

昔先輩に連れてもらって、座敷とかのきちんとしたお寿司屋さんでねぎとろ巻きを頼んだ事があって、食べてみたらネギも普通の刻んだねぎの味がして、トロの方も普段食べているねぎとろとは全く違ったのを覚えている。

今派遣の仕事(http://www.green-japan.com/company/888)が終わったら、ねぎとろ丼を食べてから帰ることが多いが、今日は仕事で良いことがあって、ちょっと豪華のステーキにした。(笑)

 

    niku.jpg



Categories: 未分類

三又又三CMが3日間で終了と話題に!

12月 5th, 2014

ビートたけし(67歳)のコネでカルビーのCMにお笑いタレントの三又又三(47歳)が出演、しかしあまりの不評で3日間で放送終了となって和田になっている!

ビートたけし(原作・監修)は、さくらももこ(作画)と共に、カルビーの全商品を対象としたシリーズCMを手がけていて、今回話題になった。

三又が出演するCMはたけしが当初から構想していたものだったみたいです。

晴れた日の公園で仲間たちと楽しげに「ポテトチップ」を食べたり、サッカーボールを蹴ったりし、最後には「そのパリッ好きだぜ」と、青春ドラマのワンシーンのようなセリフも飛び出すさわやかな三又。
カルビーCMの歴史あるフレーズ「♪カルビーのポテトチップス~」も見事に演じきった。

三又本人も、全国ネットでのCMデビューを果たし、「まさかの大抜擢だったので、カルビーさんのCM キャラクターとして、いつもと違う三又又三を表現しました(ニヤリ)」と満足気にコメント!!

更には、「このCMを色々な企業の方が観て、これから仕事が増えて忙しくなると思います」とも語っていたが、11月10日から全国オンエアしたところ反応は最悪で、12日にはあえなく終了、「幻」のCMになってしまった。

このCMは早々に打ち切りになってしまったが、今後はこのCMの代わりのCMも予定されているみたいで、また三又を出す事でクレームが起こらないといいのだけど・・・

 

   girl.jpg



Categories: 未分類

格安スマホ

11月 28th, 2014

世の中では格安スマホという携帯電話が話題になっている、と言っても若い人はiphoneかアンドロイドを選ぶんで、格安スマホに注目しているのは高齢者世代。

高齢者世代にとっては、シンプルな折りたたみの携帯で事足りている訳だけど、その中がスマホ化していく中で、周りがスマホに搭載されている。

アプリを活用したコミュニケーションをしていく事で、持っていない人とは、連絡が取りづらい状況が出来てしまう。

格安スマホとはなんなのかというと、安価なスマートフォン端末と、通信料金が安い格安SIMをセットにした商品の事で、格安SIMも高止まりするスマートフォンの月額料金を大幅に抑える手段になるという事で、最近注目を集めている。

今後はSIMフリーになっていくという事で、今までNTTドコモやau、Softbankで独占していた携帯電話市場に、様々な携帯電話会社が格安プランを売りに参入してくる事が考えられるともうけど、月額料金だけで見るとNTTドコモやau、Softbankと比較しても安いけど。

実はNTTドコモやau、Softbankにはある。
家族割とか、カケホーダイみたいなプランが無いから、人によっては使い方でNTTドコモやau、Softbankよりも月額が高くなることもありえる。

つまりあまり電話をかけない人とか、LINE、skypeみたいな無料サービス中心の人は、月額料金が安い格安スマホがオススメかも!

 

   ip.jpg



Categories: 未分類

プロジェクションマッピング

11月 19th, 2014

最近までずっとプロジェクションラッピングだと思っていた!

プロジェクションマッピングっていうのは、パソコンで作成したCGと、プロジェクタの様な映写機器を用い、建物や物体、あるいは空間などに対して、映像を映し出す技術の事。

東京駅にパソコンで作成したCGをプロジェクタで映し出し、東京駅自体がどんどん変化していっているみたいな映像に多くの人たちが魅了されて、このイベントをきっかけに日本中でプロジェクションマッピングが大流行した!

ディズニーランドとかハウステンボスなんかでもその後、プロジェクションマッピングを売りにしたイベントが増えて、ディズニーランドとかハウステンボス以外の場所でも様々な場所で、プロジェクションマッピングを取り入れたイベントが増えてきている。

プロジェクションマッピングでは建物に映し出される映像で、建物自体の色が変わったり、建物の中から宇宙になったり、幻想的な映像で、本当に見ていて楽しい。

最近はイルミネーションも流行っているけど、イルミネーションと、プロジェクションマッピング両方をやっているレジャースポットも多い。

なぜこういう映像系のイベントが増えたかというと、LEDの登場も関係していると思う。

LEDの登場で、電気代も昔よりもはるかに安くなったと思うので、これからもイルミネーションに力を入れるところが増えると思う。

 

     yakei.jpg



Categories: 未分類

コンビニ事情

11月 4th, 2014

セブンイレブン加盟店オーナーの自殺を調査している記者が調べたところ、一年の取材中に六、七件の自殺を確認し、その内訳は埼玉(2件)、群馬、宮城(3件)、東京・世田谷といった具合だ。

特に宮城県の加盟店オーナーの自殺3件は他のエリアより多い。
実は宮城県は北海道、東京都の次に人口辺りのコンビニ数が多い激戦地区として知られており、2000年代にセブンイレブンがドミナント(高密度多店舗)出店方式を展開していて、

人口三万人のエリアにセブンだけでも5店、他のコンビニも合わせると、13店がひしめき合うコンビニ過密地帯を生み出しているみたいなんです。

そいすると当然、ライバルが多い地域のコンビニは売上も思ったように上がらず、慢性的な赤字経営が加盟店オーナーを苦しめるようになるという事になる。

しかもセブンイレブンの本部社員が数人で来て24時間の張りつき監視態勢が取られたり、金庫のカギを取りあげて「金庫管理」までするらしく、それが1年近く続き、警察まで出動し傷害になったケースもあるそうで、

更に「契約を更新しない」事もあるらしく、契約の更新がなければ店を取り上げられ、店は無くなったのに莫大な借金だけが残されるという事もあるらしい。

しかも強制的に「セブン‐イレブン加盟店共済制度保険」に加入させるらしく、オーナーが(閉店して)出ていっても、損害賠償金はオーナーに支払われないで、セブンイレブンに入る仕組みみたい。

その保険代理店は親会社のセブン&アイ・ホールディングスグループの「株式会社ヨークインシュランス」という保険会社らしいです。

フランチャイズ契約って大変なーって感じますね。でも、うちの近所はセブンイレブンしかないから、割とセブンイレブンが好きなんだよね。なくなったら、本当に困る!

 

   img_3294.jpg



Categories: 未分類

最近の記事
ねぎとろ丼
三又又三CMが3日間で終了と話題に!
格安スマホ
プロジェクションマッピング
コンビニ事情
ページ
カテゴリー
未分類
アーカイブ
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月